新着情報

  • 日経DUALに「資生堂問題」について書きました

    「資生堂が問う働く親の仕事と報酬の関係明瞭化」。
    ほんとうは、親じゃなくても、労働者みなにとって、もっと明瞭にしたほうがいいと思います。これ、短中期的に必要なこと。長期的には労働時間そのものを見直した方がいいと思うし、そのためには消費行動を変える必要があります
    ビジネス界の人に届けるためには、前半で書いた経済合理性の話が不可欠。そこを飛ばすと、話が通じない、と思われます。ただし、私は「だから母親も夜も働くべし」とは思いませんので、社会が長期的に目指すべき方向性を後半で書きました。

    http://dual.nikkei.co.jp/article.aspx?id=7653

    カテゴリー:
    治部れんげ | 
    更新日:
    2015/12/17